アキハバラ@DEEP   映画

画像水曜のレディースデーに観てきました。近くのシネコンで観たのですが、お客さんは5人くらい。平日午前中ということもあり、主婦向きの作品ではないのかな?
深夜のドラマ版は、内容的には別物だったので、期待していたのですが、原作を読まずに見た人にとっては主人公5人の関係が、唐突に始まる事務所開きといい、把握しにくかったのではないかと思いました。ストーリーはかなり忠実に原作を再現していたのですが、この話の本当の主人公であり原作では語り手でもある、[A・I]搭載の検索エンジン「クルーク」と、5人の関係が希薄に感じられました。そしてなにより、5人にとって導き手であった「ユイ」の存在も、軽く流していたので、本を読んでいない人には彼らの結びつきの根幹を理解する事が出来なかったのではないかと思います。
それと原作のラスト、クルークがネットの海に解放され、彼らと向き合う瞬間の高揚感に、何とも言えずわき上がってくる感動があったので、映画のラストシーンには物足りなさが残りました。残念ですが、おそらく2時間では表現を変えなければ、収まらなかったのでしょう。

と、ここまでは原作をふまえた感想です。
映画として純粋に評価すると、なかなかおもしろかったです。
5人のキャラクターは際だっていたし、原作にない過去のトラウマなども挿入され、観る側が感情移入しやすく工夫されていました。
そして、特筆すべきは、山田優さん。「アキラ」がかっこよくて、ほんとにはまっていました。寺島しのぶさんとのファイトシーンは見所です。
中込役の佐々木蔵之介さんも、ソフトな気持ち悪さがじわじわ効いてきて、なかなか(^_^)
「ページ」役、主演の成宮君、とてもよかったです。このところ、急激にあらゆる役に挑戦しているようで、これからが楽しみな俳優さんです。
総合的な印象は、アキバ系おたくの特殊な話ではなく、巨大企業の悪に向かって、名もないちっぽけな5人が真っ向から、正義の戦いを挑んだ青春映画という感じでしょうか(^o^)

『どんな答えを得るにしても、生きることは探し求めることで、
よい人生とはよい検索だ。』






にほんブログ村 映画ブログへ ←ランキング参加中 ポチッとよろしく





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月09日 06:29
コメントありがとうございます。
文庫本早速今日購入してみます。
仕事の疲れを忘れさせてくれた楽しい映画でした。
2006年09月09日 23:02
>BCさん
映画とはまた違ったおもしろさがあると思います。秋葉原どころかパソコンはネットぐらいしかできない私にとって、冒険か?とも言える本だったのですが、すごくはまりました(^^)
FrankSnupe
2017年06月21日 18:53
ツ 糅褌褊濵� �頏�, �瑕 韈粢濵, 鮏湜� 韈 �顥 碚��電話USA澵ⅲ四角数字1� �粱�褪� 粢�, �� � 鉅� �淲[]�. ツ[]�� 碚��リボン ��蒟� ⅳ萵�� 鮱 糅褌� 蓁� []碚満マーク 齏� 裔� 淲 ⅲ[]粱�� 裙� �鮏髜燾� 蓁� ⅳ蕘� � �ⅱ珸粨四角数字4�.
http://katalogspravok.ru/

この記事へのトラックバック

  • 映画 「アキハバラ@DEEP」

    Excerpt: 映画一本無料の葉書が届いたのは2週間ほど前。 何を観ようかずっと迷い、このままでは有効期限が切れてしまう勢いだったので、 思い切って会社帰りに映画です。 「マイアミ・バイス」と悩んだあげく、「私.. Weblog: どうしても書きたくて・・・ racked: 2006-09-08 18:44
  • 「アキハバラ@DEEP」

    Excerpt: 「アキハバラ@DEEP」 石田衣良の原作が好きで、映像化を望んでいたので、 ドラマに続いて、映画化を楽しみにしいた。 娯楽映画としては、 キャラクターを誇張して、“クルーク”の奪還劇をメイ.. Weblog: わたしの見た(モノ) racked: 2006-09-10 17:31
  • 愛の流刑地

    Excerpt: 作家渡辺淳一の人気小説「愛の流刑地」。 映画「愛の流刑地」(鶴橋康夫監督、07年1月13日公開)の製作発表が7日、都内で行われ、豊川悦司と寺島しのぶら出演者が出席した。あらすじは・・・ Weblog: 流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場 racked: 2006-09-10 20:14
  • アキハバラ@DEEP

    Excerpt: 登場人物たちに感情移入して楽しめるが, あと一歩の深みに欠けて,物足りなさが残る。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-09-12 12:00
  • 【劇場映画】 アキハバラ@DEEP

    Excerpt: ≪ストーリー≫ カリスマサイトの主宰者・ユイの引き合わせで出会ったページたち5人は、ウェブ制作会社「アキハバラ@DEEP」を立ち上げた。巨大IT企業「デジタル・キャピタル社」の社長・中込と知り合った.. Weblog: ナマケモノの穴 racked: 2006-09-13 22:10
  • 映画「アキハバラ@DEEP」で萌え気分を感じてみる?

    Excerpt: 成宮寛貴・山田優主演 「アキハバラ@DEEP」を 観てきました。 「オタク映画?」「萌え映画?」と 少し馬鹿にしていたのですが~ 痛快娯楽作品に仕上がってました。 ”オタク””萌え””アキハバラ”.. Weblog: bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ racked: 2006-09-14 14:28
  • アキハバラ@DEEP

    Excerpt:  若い男女5人の物語ということから『ハチミツとクローバー』のようなシチュエーションを想像していましたが、こちらは恋愛とは無縁な男女5人組。 Weblog: シネクリシェ racked: 2006-10-01 07:00
  • アキハバラ@DEEP(ドラマ)

    Excerpt: ■アキハバラ@DEEP 第1話1/5  2/5  3/5  4/5  5/5■アキハバラ@DEEP 第2話1/5  2/5  3/5  4/5  5/5■アキハバラ@DEEP 第3話1/5  2/5 .. Weblog: YouTube情報局 racked: 2007-01-12 00:59
  • 映画DVD「アキハバラ@DEEP」   イルカのカイル君が再び注目を!?

    Excerpt: なかなかよかった。 予想通りな勧善懲悪的なストーリーでこれと言ったものはないけれど、さじ加減がいいというのか、すんなり楽しめる。 成宮寛貴の対人恐怖症気味な演技が光る。山田優の格闘家ぶりもなかなか.. Weblog: 朕竹林   ~映画とネットとモバイル機器な日々~ racked: 2008-09-07 17:35